木綿ふとんへのこだわり

木綿ふとん自然が生んだ木綿の素晴らしさを見直しませんか。
木綿(コットン)は人の体や地球の環境にやさしい
安心・安全なエコ素材です。

ふとんのコクボでは、大量生産のふとんと違い、
「内閣総理大臣賞」受賞の一級寝具技能士の職人が
一枚一枚丹精込めて丁寧に仕立てます。

  • まるで赤ちゃんの肌ざわり

    コットンはせんいの中でとくに「肌ざわりのよさ」に優れています。
    赤ちゃんやアレルギー体質のデリケートな肌の方にも、コットンはやさしく包んで刺激することはありません。
    静電気をおこして不快感を与えることのない、自然の植物せんいです。

  • 地球の環境を守るエコ素材

    コットンは植物です。自然の中で生産と還元を繰り返すコットンは、人間にとってすばらしい自然の恵みです。
    地球上の綿畑で1年間に、18億トンの二酸化炭素を吸収し、13億トンのきれいな酸素を生み出し、大気の浄化作用を行い、かけがいのない地球を汚染から守る一翼を担っています。
    またコットンは、「リサイクル」にも最適な自然の植物せんいです。

  • 夏涼しく、冬温かい

    中空で天然のよじれをもつコットンは、積層になると細かい空気室を無数に形成し、保温性を与えてくれます。
    そして夏には、熱が体の周りにこもらないように、汗を吸いとり、外気に発散させる、さわやかな「せんい」です。

  • 日干しでよみがえる太陽の子

    コットンは太陽の恵みを受けて、すくすくと育った「植物せんい」、いわば太陽の子供です。
    日に干せば、母なる太陽のエネルギーを大いに取り入れて、ふっくらとよみがえります。
    この日干し回復の良さが、ふとんへのへたりをゆるやかなカーブでおさえます。
    そして、あの”陽なたのかおり”なんともいえません。コットンのふとんは、太陽が大好きです。

  • 体を包み込むやさしい弾力性

    コットンは1本1本のせんいが天然のよじれをもち、しかも、中空のせんいです。
    このよじれが、わたしたちが正しい寝姿勢で眠ることができる弾力性のもとです。
    また、寝返りのうちやすい適度の硬さとクッション性をつくります。
    とくにインド、パキスタン産のデシ綿(せんいが太く、短い綿花と)呼ばれる綿花は敷ふとんに最適です。
    また、メキシコ、アメリカ産の綿花はせんいが細く長いことから、ドレーブ性に優れ掛けふとんや肌掛けふとんに適しています。

  • 汗を吸いとる優れた吸湿性

    コットンの肌着が汗を良く吸収し、肌にさわやかな感触を与えてくれる事はご存知ですね。
    コットンは、私たちが眠っている間に放出する、コップ1~2杯分の水分を吸収してくれます。
    吸湿した水分は、天気の良い日に日干しすると、太陽の力でサラッと、ふっくらよみがえります。

Go To Top